法律相談でトラブル解決の手引き

いつの間にか国民の義務になった裁判員

木嶋佳苗被告の裁判員裁判が話題になっていますね。あれほどワイドショーを賑わせた事件の裁判員裁判ですもの。なんでも、裁判員裁判としては今までになかった長期裁判だったということもありますからね。裁判員裁判が始まって裁判が身近になったといいますか、いつの間にか国民の義務になっていますからね。今までは(いや、今でも)まっとうな小市民として生活していますからそりゃ、裁判とは無関係だと 思いますよ。でもね、その昔裁判を見ようと傍聴席に入りたくて、くじの行列に並んだことがあるんですよね。そう。麻原彰晃の初公判の。あれは大学時代のお話ですね。それまで、裁判というのは普通の人は絶対に見ることができないもんだと思っていたんですよね。逆に、ある種類の仕事のひとというのは問題なく、裁判を閲覧できるものだと思っていたのですよね。そしたら、そうじゃなかった。そんなことを知れたので、大人の階段を登った感じですね。

注目情報

Copyright (C)2018法律相談でトラブル解決の手引き.All rights reserved.